人気ブログランキング |

合宿

冬山合宿 C隊 2018〜2019 八ヶ岳

2018.12/30(日)〜2019.1/1(火) メンバー 安藤(記) 宇野

上記の期間で南八ヶ岳の横岳西面、赤岳、阿弥陀岳の初級バリエーションルートを登ってきました。
天気予報では12/27から強烈な寒波が来るとのことでしたが、あまり雪も降らず、12/30からの3日間は気温こそ-15℃前後と低いものの、天候に恵まれ気持ち良く登ることができました。以下3日間の行程です。

12/30(日) 朝6:00に豊田東ICを出て8:30に美濃戸口駐車場に着きました。準備をして9:00に駐車場を出て12:00過ぎに行者小屋に着きテントを設営して、14:30頃までのんびりした後、次の日に登る赤岳主稜の取り付きの確認をしに行きました。

a0067744_08084167.jpg
思っていたより積雪量が少なくて取り付きのトラバースが雪崩る心配はなさそう。

a0067744_08084273.jpg
1P目のチョックストーンはいい具合に埋まっていました。もう少し雪が少ないと岩の下を潜って進めてしまい、積雪量が多くて岩が半分程度埋まっていると簡単に乗り越えてしまえるのでどちらも面白くないが、この日のコンディションはホールドを探して登るのにはもってこい。1番面白い状態だと思います。

取り付きの確認が済んだので16:00過ぎにテント場に帰り、食事を済ませて18:00頃に寝る準備をしつつ宇野さんと喋っていたら、宇野さんいつのまにか寝ていました。羨ましい。

12/31(月) 5:00起床。20分程度で朝飯と行動時のお湯作りを終えて、予定通り6:00に出発するはずでしたが、僕の準備不足で30分程度出発が遅れました。宇野さんごめんね。

a0067744_08213224.jpg
2組のパーティに先行されていて順番待ちになっていました。予定通り30分早く出ていれば陽の当たらないこんな場所で待たなくて済んだのに。
結局7:30頃に取り付きに着いたあと先行パーティが登って行くまで1時間程度待ち、1P目を8:30に登り始めました。

a0067744_08264931.jpg
最初の2Pを登り終えた後、コンテに切り替えてグイグイ登って行く。

a0067744_08265117.jpg
先行パーティ2組がロープで手間取ってる間もコンテで進む。

a0067744_08265287.jpg
3P目の岩場。凹角の出口にアックスの歯が良く刺さり気持ちよく抜けられた。

a0067744_08265363.jpg
その後はコンテで赤岳北峰へ向けて登っていく。

a0067744_08265572.jpg
10:30に登頂。太陽にやっと当たれて気持ちいい。後ろに面白い格好の人いるけど、展望は抜群だった。
想像していたよりもコンテで登るところが多くてこんなもんかと思ったけど、気持ちよく登れる良いルートでした。

文三郎尾根から行者小屋に下りる予定だったけど、時間が余ったから赤岳展望荘に寄ってちょっと休憩した後、地蔵尾根から行者小屋に下りた。だいたい12:00くらいでした。
その後、次の日に登る石尊稜の取り付きがトポによると分かり辛いと書いてあるので、取り付きの確認に行ってきました。
a0067744_08432746.jpg
真ん中の盛り上がったところが石尊稜の終了点の石尊峰。

a0067744_08432817.jpg
石尊稜1P目の取り付き。ボルトや支点のロープがぶら下がっている。現在は左上する草付きのフェースが登られているが、昔は右の凹角がよく登られていたらしい。だけどここからだと右の凹角は見えない。

取り付きの確認が終わったところで、大晦日だしせっかくだから赤岳鉱泉に寄って酒でも買おうかという話になり、赤岳鉱泉に寄ってシードルを買い、行者小屋に戻った。道中、予定通り1/2(水)に下山して帰ると、高速料金が休日割にならないから深夜割狙いで明日帰るかという話で盛り上がった。そんなこんなで16:00前に行者小屋に着いた。

a0067744_08523986.jpg
その後、今日のテン場代を払いに行った宇野さんから、年越しそばを¥500で20:30から行者小屋で食べられるという話を聞き、せっかくだから食べに行こうということで話がまとまり、早めに夕飯を済ませて少し寝た後、行者小屋に年越しそばを食べに行った。暖かくてうまかった。この後、最高の大晦日が一転、最悪の大晦日になろうとは思いもしなかった…

そばを食べ終わってさあ寝ようと、寝袋に入ったときに腰のあたりが冷んやりしたが、テントに入るときに雪が付いたんだろうと思い、あまり気にかけず寝ようと横になった。おかしい。30分経っても1時間経っても腰の冷んやり感がなくならない。それどころか、背中の方まで冷たくなっている。手袋をしたまま寝ていたので気付かなかったが、凍結防止で寝袋の中に入れていたプラティパスのふたの近くが裂けていて、水が少しずつ漏れていて、寝袋と着ていたダウンジャケット、ダウンパンツがずぶ濡れになっていた。慌てて上着を全て脱ぎ、インナーを着替えてハードシェルを着込み、バーナーを点火してソフトシェルを火に近付けて乾かしてみることにした。このとき確か22:30。
1時間近く頑張ってソフトシェルは乾かせた。ソフトシェルを着直してハードシェルを着込み、濡れている寝袋には持ってきた着替えやタオル、さっき脱いだインナーを敷き詰めて少しでも寝る努力をした。そんなこんなで年を越して2019年になった。今頃巷は暖かい部屋の中でテレビを見ながら楽しくやっていると思うと情けない気分になってきたが、この間読んだ山野井泰史の「僕の合羽の70%はガムテープでできているよ。僕の体は強いからいいけど、合羽は弱いから厳しい環境では着れないんだ」とかなんとか。意味不明だけど、なんとなく気合いが入り、3時間くらいは寝れた気がする。その間、寒くて起きるたびに体が勝手に冷たくなってる部分を、無意識にひたすら動かして発熱させるということを繰り返していた。ちょっとびっくりした。

a0067744_09232247.jpg
家に帰ってから撮った寝袋の内側の写真。まだ凍っている。

1/1(火) 4:30頃寒過ぎて我慢できなくなり起床。
すぐさま水場に水を汲みに行き、バーナーを点火して湯を沸かした。ガチガチ震えながら宇野さんに事情を説明して、昨日打ち合わせていた通り今日2日分の予定を済ませて下山しようと提案した。もう1日この寝袋で寝たくなかった。で、朝ごはん食べたら復活した。腰から背中にかけて、まだちょっと濡れてるけど石尊稜の取り付きまで1時間くらい歩くし、乾くでしょ。昨日の反省を踏まえて、この日は予定通り6:00に出発。7:15に石尊稜の取り付きに到着。

a0067744_09315513.jpg
1P目の1ピン目までが悪くて緊張したけど、雪がしっかり締まっていてアックスが良く刺さり草付きフェースは気持ちよく登れた。ロープの流れが悪くならないようにしつつ、45mくらいロープを伸ばしてピッチを切った。

a0067744_09315715.jpg
3Pロープを伸ばしてピナクルを左に巻いた後からコンテに切り替えてグイグイ登っていった。もう少しトポをちゃんと読んでいれば2P目からコンテに切り替えて登れたかもしれない。

a0067744_09315815.jpg
気持ちのいい雪稜を登っていくと石尊峰が見えた。

a0067744_09315980.jpg
4P目の凹角からリッジの岩場。ちょっと支点が取り辛そうだった。

a0067744_09320166.jpg
5P目。途中でコンテに切り替えてルンゼを登っていく。

a0067744_09390962.jpg
9:30に抜けて2019年の初日の出を拝んだ。太陽が最高に暖かくて気持ちよかった。この岩かわいい。

a0067744_09405061.jpg
予定より1時間くらい早く石尊稜を抜けた。やるぞ阿弥陀北稜継続!
中岳沢登山道の上の雪の着き方がしょぼくて、雪崩の心配が無さそうだったから北稜登った後の下りは中岳沢を下りることにした。

a0067744_09405287.jpg
10:30に行者小屋に下りて30分休憩した後、11:00に阿弥陀北稜へ登り始める。北稜の中間部くらいまで登ってきたときに天気が怪しくなってきた。2時間前はあそこにいたと思うとやる気が出てきた。

a0067744_09405312.jpg
北稜の雪稜を登る。

a0067744_09405464.jpg
12:15取り付きに到着。北稜1P目。正面のすぐ左の凹角っぽいところを登っていく。もうひとつ奥にトレースがあって簡単そうな凹角があったけどあっちはロープ出さなくて良さそうだからこっちを登る。

a0067744_09405555.jpg
雪が良く締まってて気持ち良く登れた。

a0067744_09482419.jpg
2P目。岩を登り終えてリッジっぽいところを抜けて終了。ロープを仕舞って山頂へ。

a0067744_09482539.jpg
13:00登頂。1日2本クリア!お疲れ様でした!
宇野さんは初の阿弥陀岳らしい。贅沢だな。

a0067744_09482670.jpg
まだ編笠山と権現岳登ったことないんだよなあ。誰か一緒に登りませんか?権現の東側のバリエーションも来シーズンあたりに狙ってみたい。
13:45に行者小屋に下りた後、ゆっくりテントを撤収したり、行動食を食べたり、パッキングをして15:00頃下山開始。17:40くらいに美濃戸口の駐車場に無事着いた。ケガがなく合宿を終えることができて何より良かった。

a0067744_09482744.jpg
諏訪湖SAで風呂に入りちょっと豪華な夕飯を食べて時間調整をした後帰宅。狙い通り夜間割で帰れました。

【感想】 安藤

冬期クライミング技術の向上と冬山のテント生活力向上を目的にした今回の合宿。得たものがあまりにも多くて今後に活かせることばかりだった。岩角、凍ったピナクルでの支点の作り方、寝袋の中に次の日に使うものを全部入れて寝てみたりとか、やりたいことができて、新しく課題もできて、また試してみたいことも思いついたし、実りある合宿でした。宇野さん、3日間付き合ってくれて本当にありがとうございました。楽しかった。また登りに行きましょう!

【感想】 宇野

安藤さん、お疲れさまでした。寝袋ビタビタ事件の際は、気付かずに寝ててすみませんm(_ _)m 爆睡でした(笑)
終わってみれば…今回の計画、とても素晴らしいものでした。安藤さんと行けてよかったです。自身としては、冬期バリエーションルートが初で雪上でのビレーの苦労を目の当たりにしてヤバいな…と思いました。想定外ではなかったですが、やはり寒い。凍傷とまではいかないまでも四肢の指先がそこそこやられました。特に左足の親指が大変なことになってました。お医者さん曰く、「水膨れ」ということでした。歩くだけでも痛みが走る…。これはしばらく足の痛みと格闘ですね。お医者さんには、水膨れを潰さないようにだけ注意するように言われました。出来ればあまり歩かないようにと。山男には無理なことですが…(笑)
また、編笠と権現のバリも行きましょう〜!!よろしくお願いします(^O^)

by toyotaalpine | 2019-01-02 07:51 | 合宿

豊田山岳会山行報告のページ


by toyotaalpine
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31