沢登り

沢登り in柳沢

a0067744_20515075.jpg
a0067744_20514594.jpg
a0067744_20515739.jpg
a0067744_20515407.jpg
a0067744_20520712.jpg
a0067744_20520107.jpg
a0067744_20521598.jpg
a0067744_20521291.jpg
a0067744_20525438.jpg
a0067744_20523755.jpg
今回は初めての沢登りを経験してきました。今日を迎える前は否定的な気持ちの方が強かったのが正直な気持ちです。登山の基本は尾根沿いに歩くこと。沢登りは谷を進んで山頂を目指します。谷を歩くというのは熟練した者のみが許される行為だという思いが強かったからです。

でも、山岳会に入ったからには沢登りは避けて通れない道だと思い、山岳会の頼もしい先輩方と行ってきました。
通常の登山は尾根沿いに取りつくので歩きやすい上に登りはどちらかといえば緩やかになります。
それに比べて沢登りは初めのうちはそこまで登ることなく進んでいって、最後に急に標高が上がります。この辺も沢を歩く大変なところだと思います。
何事も経験する前に下調べをしないと気が済まないたちなので、今回も事前に沢登りの本を読んで妄想を膨らませてきました。本来ならば遡行図を事前にみてルートの状況を把握していくべきだと思いますが、今回のルートは遡行図を見つけられなかったのでぶっつけ本番です。山岳会の経験値高い先輩方に色々とアドバイスをお聞きしながら進んで行きます。
今回は初心者向けコースなので、やって学べばいいかという冒険心も持ちながら。
登山は山頂を目指すのに登山道歩いたり、岩登り(クライミング)、沢登りといろいろな方法がありますが、今回は沢登り。沢登りは沢の水量により難易度も変わってきて、今日と一週間後のグレードが同じではないという不確定要素が多いものだということも学びました。
沢登りは簡単じゃないからこそ、面白い。そして、この時期は天国。登山道なんて歩いていたら暑苦しくて死にそうになるところでも、沢は本当に涼しい。水のきれいな沢で泳いだり、すぐそこを流れ落ちている滝を浴びたり、流れに逆らいながら登ったり。
間違いなく絶景にめぐりあえる登山スタイルだと思います。普通の登山もそうですが、誰もが経験できる事ではないという点がいいですね。苦労を経験した先にまっている素晴らしい景色は写真なんかでは到底伝わらない素晴らしさがそこにあります。

今回は自分を含めて全くの初心者が3人。そのフォローをしてもらいつつ、進んでいきました。
初心者向けの沢ということで、そんな大したところはないのかなぁと思いなめてました。でも、割と登りごたえがあり面白いなというのが正直な感想です。途中滝修行のできるポイントとかあって、クライミング要素もい感じでした!
今シーズンはあと何回いけるかなぁ。次が楽しみです。今回のところにも何回か通って、自分で遡行図を書く練習したいなぁとか考えたりしています。

[PR]
by toyotaalpine | 2018-07-16 20:53 | 沢登り

豊田山岳会山行報告のページ


by toyotaalpine
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31