個人山行

南アルプス 鋸岳(角兵衛沢〜鋸岳〜熊の穴沢)

数年前から行きたいなぁと思っていた鋸岳。北沢峠に向かう途中のバスから見える鹿窓、甲斐駒ケ岳に登った時に見たキトキトした山肌。素敵ですよね。そそられる( ̄∀ ̄)


そんな気持ちで今回は鋸岳に初挑戦の安藤さんと宇野(記)で挑みました。安藤さんは山岳会の期待のエース。なんも心配いらんなぁ〜と思いました。もちろん、連れっててもらうつもりで来てませんが(笑)


前日20時に豊田を出て、0時くらいに駐車場着。


早速、駐車場に幕営して仮眠することに。


翌朝4時すぎに目覚めて、手早く準備して5時には出発。本当はもう少し早く出たかったが、起きられませんでした(u_u)


約5キロの川沿いルートを主に岩を見ながら、この壁いい感じだとかベラベラ喋りながら進みました。途中で2回ほど渡渉を挟み、7時すぎに角兵衛沢の取付きに到着。ここまでは林道歩きよりは気持ちよく歩けた感がありました。やたら長いけど、まぁこんなもんか。


ここから大岩下ノ岩小屋を見学するため、樹林帯の中を進みます。この間、標高差約600m。


大岩下ノ岩小屋、そんなに期待してなかったのですが…すごい。良いとこ(^。^)今日、ここで泊まって行きたいね。と安藤さんと話していましたが、今日のような素晴らしい天気に山頂踏まないと一生後悔すると思い、後ろ髪引かれながら第一高点に続く角兵衛沢のコルを目指します。


大岩下ノ岩小屋から角兵衛沢のコルまでは、これまた標高差約600mほど。この間はガレガレでルートを考えないと相当体力を浪費します。実際、無駄に浪費していた…何度か挫けそうになりました(笑)


そんなこんなで、角兵衛沢のコルに到着。時間は11:00くらい。ちょっとゆっくり歩きすぎたなぁと反省。まぁ、よし。ここから第一高点は目と鼻の先。割と急だけど、難なく第一高点を踏みました(((o(*゚▽゚*)o)))♡


ここで、小休止。最高のロケーション!!美味いモンスター😋


休憩後、ハーネス装着して鹿窓やら大キャップを目指します。ちょこっと歩くと、あっという間に鹿窓!おぉ、これが噂のやつね〜って感じ!


今回の山行で一番スゲーなーって思ったのはこの鹿窓の先の大ギャップ。見事な切れ込み、少しグラグラする支点、頼りない三つ編み状にほつれたロープ、残置されたロープの数々…。これらがこのルートの面白さをかもしだしている(¬_¬)鹿窓から第二高点までは2ルートあります。


どちらが良いかは各自の装備と好みでしょうね。


今回は鹿窓直下を登り返して稜線上に歩いて懸垂して第二高点直下をトラバースしました。鹿窓潜らずに上を歩いても良いかも。岩肌が場所により剥がれるようになっていて、手足の置き場には細心の注意を払いながら進みました。ここまでクライミング要素満点なルートはとても面白かったです。まさにアルパイン的な。


そんなこんなで第二高点に14時ごろに到着。第一高点から第二高点に至るまでにちょっとしたトラブルがあり、1時間ほど時間を使いました。第二高点でも素敵な写真を撮り、熊の穴沢のコルを目指します。


熊の穴沢からの下山はガレ具合との戦いでした。ルートを示すテープは無いし、色々つかれました。


ウダウダしながら、戸台川との分岐に17時。川で手や顔を洗い、渡渉しました。雪解けの水なのか、冷たい…死にそう(-_-)そこをなんとか渡渉して、ダラダラ歩いて、途中でボルダリングに良さそうな岩を見つけて登ったりして駐車場着が19時。


長かったけど、楽しかった山行は終了しました。


安藤さんに感謝!またお付き合いください。




P.S

帰りの車内では、これからの豊田山岳会について真面目な話とかしました。こういうの、好きです!!


[PR]
by toyotaalpine | 2018-06-20 13:17 | 個人山行

豊田山岳会山行報告のページ


by toyotaalpine
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30