人気ブログランキング |

海外遠征

韓国アイスクライミング合宿(12/30)

昨日のジムでソラクのアイスクライミングに関して分かったことは、どうも事前に申請しないとだめなようだということ。でも夏の沢登りの際にも何とかなったので、とにかく偵察がてら登れたら登ろうと準備だけしてソラクドンに向かう。入り口のちょっと手前で、かの「トワンソンポッポ」が見える。がぜん期待が広がる。夏と違いゲートには人気がない。350円位の入山料を支払い1年半ぶりのソラクドン入り。さすがに冷えている。-10℃くらいだろうか。まずはトワンソン方面に歩き出す。川も凍っているが滝の部分についてはまだ発達してない滝が多かった。散策路の終点の飛龍滝も滝壺は大きく口を開けている。でもこの飛龍滝の上部からトワンソンがきれいに見えた。山本さんと記念の写真を撮る。
帰り道、パトロールの2人組に職務質問を受ける。許可証はあるかとか、ライセンスを見せろとかいろいろ聞かれるが、滝を見に来ただけと説明する。このときはバイルとかヘルメットを全員ザックの中に入れていたのでなんとか無罪放免となる。でも別れ際ザックを触って怪訝そうな表情であった。
この後は兄弟滝やザズン谷の偵察に向かうが、ビソンテのチェックポイントでも何処にいくのかとチェックを受け、7時までには帰るようにと言われたので、登山道を外れるわけにも行かず、ヤンボクシェルターまで行って帰る。でも途中の五連瀑布は氷が発達しており、甲府の神宮川のような氷瀑が続いていたので本当に残念であった。


a0067744_9331169.jpg
a0067744_9332318.jpg
a0067744_9333475.jpg
a0067744_9335166.jpg
a0067744_934246.jpg

by toyotaalpine | 2014-12-30 09:31 | 海外遠征

豊田山岳会山行報告のページ


by toyotaalpine
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30