個人山行

明神岳 東稜

紅葉を満喫するため定番の穂高へ。
山本、磯部、コウヤは、クラシックルートの明神東稜。近藤、吉田は涸沢へ。
明神はまだ豊田山岳会の未踏峰。その明神に東稜から挑む!


土曜日の朝一番のタクシーで上高地入り。小梨平にテントを張って荷物をデポして6:00出発。
明神隊と涸沢隊とは明神で別れる。ひょうたん池まではは奥又の池よりも傾斜は少ないけど磯部は調子がでず2人に10分近く離される。8:00にひょうたん池着。
a0067744_18495560.jpg

東稜はルートも明瞭で気持ちの良いリッジクライミングがたのしめる。
したの写真は最初にロープを出した地点からひょうたん池を見下ろした写真。
a0067744_18504073.jpg
主に冬期に登られるルートのためかハーケンが多い。
a0067744_1851845.jpg
バットレスにもハーケンべた打ち。取り付いてみたら見た目より簡単だったが、クラックは避け、迷わず右のジェードルに
a0067744_18514311.jpg
ビレイポイントからは東稜の眺めが最高!
a0067744_18521921.jpg
明神の頂上直下。ここまで風はほとんど吹いてなかったが、回り込んだら風が強くなって寒くなる。
a0067744_18525652.jpg
10:30明神の頂上着。前穂の頂上には何人もの人が見えた。
a0067744_18534484.jpg
今回は明神本峰より5峰に下ったが、2峰の登りでちょっとトラブル。残置が頂上に続いていたので、そっちにルートを取ろうとザイルを組んで登り出したが、どうもやばくて危険な香り。欲しいところにプロテクションはなく、風化したトラ縞ロープがぶら下がっている。
遠めには2峰頂上に立派な終了点があったが、そっちはあきらめ2峰を巻くルートに変更する。
a0067744_18541567.jpg
回り込んでみるとやさしい凹角が現れほっとする。
a0067744_18544265.jpg
2峰を過ぎてからはまた明瞭な踏み跡が5峰へと続いており、上高地を見下ろす絶景に感動する。
a0067744_1855546.jpg
5峰の下りは落ち葉の積もった劇下りで膝が痛くなった。でも紅葉は最高。
a0067744_18563956.jpg
a0067744_18571760.jpg
14:30に小梨平着。小梨平はお風呂もあるし、生ビールも割引券で450円!缶ビールも240円。その他食材も安くて豊富。BCにはもってこい!
a0067744_1859418.jpg
a0067744_18593247.jpg

[PR]
by toyotaalpine | 2014-10-04 18:47 | 個人山行

豊田山岳会山行報告のページ


by toyotaalpine
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31